北本高校通信

2016年3月の記事一覧

情報モラル講演会


 3月22日(火)、LINE株式会社より講師をお招きし、情報モラル講演会を実施しました。円滑なコミュニケーションに必要なものは何かを実際にキャッチボールをすることで考え、また、写真の取り扱いや言葉遣いなどインターネットを使うときに気をつけることについて、改めて学びました。

主権者教育講座


 3月18日、1・2年生を対象に、それぞれ柔道場と剣道場に分かれて主権者教育講座を行いました。選挙権年齢を「満18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法の施行を今夏に控え、若い世代をとりまく現状と選挙に関するルールを学び、最後に体育館を投票所として設営し、模擬投票をおこなってみました。
 記載台や投票箱などは行政から実際に使用しているものをお借りするなど、本格的な雰囲気のなかで、生徒たちは緊張感をもって取り組んでいました。

青春メッセージ

 3月13日(日)に北本市文化センターで行われた「青春メッセージ」(主催:北本ロータリークラブ)に、生徒20名以上が参加してきました。

 青春メッセージとは、北高生や外国からの留学生、留学経験をした高校生たちが、意見発表や意見交換会を通して、地域の人たちに高校生の思いや現状を伝えたり、地域の人たちの思いを聞いたりして交流を深めるイベントです。
 午前は認知症サポーター養成講座を行いました。実際の事例をもとに、認知症の患者さんを相手にするときに心がけておくことを学びました。生徒たちも、身近であるが難しい問題への対応に頭を悩ませながらも、頑張ってコツをつかもうと努力していました。講習後は、認知症サポーター養成講座を受けた証として、受講証とオレンジリングをいただきました。
 午後は意見発表と意見交換を行いました。まず、北高生5人を含む9名の高校生・留学生・留学経験者が「私たちの夢」というテーマで意見発表を行いました。その後の地域の方々との意見交換会では、今の高校生はどんな思いでいるのか、高校生に期待していることなど、様々な意見が客席から出され、北高生も真剣に答えていました。

第39回 卒業証書授与式


 3月11日(金)、第39回卒業証書授与式を挙行しました。担任による最後の呼名に「3年間ありがとうございました!」と答える卒業生もいました。校長先生は式辞の中でC&Kの「歩きだせ」という曲を紹介されました。「これからの道は自分で切り拓いていってほしい」というメッセージは、卒業生の胸に深く刻み込まれたことでしょう。春とは名ばかりの寒さの中、温かな言葉と拍手に背を押され、199名の卒業生が本校を巣立っていきました。