北高通信

2015年10月の記事一覧

530プロジェクト

530プロジェクトの様子530プロジェクトの様子 530プロジェクトとは、北本高校で定期的に行っているゴミ拾いのボランティア活動で、生徒会や環境整備委員会の生徒を中心に、部活動単位や個人でも自主参加できます。
 今年度2回目となる10月30日(金)は、北本高校と体育センター、北本総合公園の周辺でゴミ拾いをしました。生徒も積極的に参加し、水路の中のゴミまで拾っていました。この活動を通して地域貢献や人の役に立つことの清々しさを感じてもらえたら良いと思います。

KISEP 小・高交流あいさつ運動

 10月27日(火)と28日(水)の朝、KISEP小・高交流事業の一環として「あいさつ運動」を行いました。学習委員と有志が中丸小学校の通学路に立ち、声掛けをし、小学生の登校を見守りました。
国道17号交差点中丸小学校南側中丸小学校北側中丸小学校正門前


*生徒の感想*
 私は、10月27日に朝のあいさつ運動に参加しました。私があいさつをすると、みんな元気にあいさつを返してくれ、あたたかい気持ちになりました。
 来年もまた参加したいです。

1年 齊田涼佑(鴻巣市立鴻巣中学校出身)

 - - -
 朝のあいさつ運動に参加しました。私たちの声かけに元気よく「おはよう」と返してくれる小学生たちに、私たちも元気をもらいました。私はこの体験を通し、奉仕活動へより積極的に参加する意欲がわきました。この運動を、ぜひ後輩たちにも引き継いでいってほしいと思います。

3年 小澤優介(上尾市立上尾中学校出身)

Halloween作品展示中

駅前のハロウィンアート 北本東中央通商店街様からご依頼いただき、生徒会生徒と美術部員が協力して、ハロウィーン合同制作作品を完成させました。かぼちゃのランプシェードに囲まれた魔女の帽子2つの間に、がいこつの顔はめパネルを設置しました。夕方からはイルミネーションもつきます。中山道・東中央通交差点「ポケットパーク」にて、10月31日(土)まで展示していますので、ぜひご覧ください。

未来を拓く「学び」プロジェクト

 「未来を拓く『学び』プロジェクト」とは、東京大学大学発教育支援コンソーシアム推進事業(CoREF)と連携し、アクティブ・ラーニングの一例として「知識構成型ジグソー法」による協調学習に基づく授業研究を行い、生徒の主体的な学びに有効な教材開発を行う事業です。
 本日は、このプロジェクトの一環として、4名の教諭と2名の初任者による公開授業を行いました。県内外からたくさんの方にお越しいただき、研究協議においても活発な議論が交わされました。
1年化学基礎1年体育1年書道Ⅰ
1年数学ⅠA2年コミュニケーション英語Ⅱ2年現代文

第41回 体育祭

 9月30日(水)の予行を経て、10月1日(木)に第41回体育祭を実施しました。今年はクラス対抗だったので、練習から本番を通して、クラスの団結力がより深まったことと思います。
 当日は、100m走予選から始まり、女子二人三脚リレー、男子三人四脚リレーと競技が進んでいきました。長縄跳びでは3分間で130回跳んだクラスもありました。昼ごろから雨が降り始めてしまいましたが、3年生「男子 紅白対抗 騎馬戦」は第4戦まで実施され、大いに盛り上がりました。あいにくの天気の中にもかかわらず足を運んでくださいました保護者の皆様、ご声援ありがとうございました。
 各学年の1位は、3年2組、2年4組、1年6組で、綱引きで1位となった1年6組が総合優勝に輝きました。
 雨で実施できなかったクラス対抗全員リレーは、9月5日(月)の6時間目に実施され、これも盛り上がりました。
選手宣誓男子100m女子二人三脚リレー
1年生「百足リレー」障害物リレー2年生「台風の目」
3年生女子「棒取り」3年生男子「騎馬戦」3年生男子「騎馬戦」白組総合優勝 1年6組