北本高校通信

2013年11月の記事一覧

薬物乱用防止啓発CMコンテスト

 11月23日(土)に「SKIP CITY 彩の国ビジュアルプラザ」で行われた薬物乱用防止啓発CMコンテストに、本校PC科学部放送班が作品を出品し入選を果たしました。当日は1年生主体の最初の作品ということもあり、夏休みの間から構成を練り、時間をかけて作った作品です。上位の質の高いCMを見て、これからの作品づくりのモチベーションが高まったようです。
 (PC科学部放送班のコメント)
「初めての作品は苦労がありましたが、一生懸命に作りました。この映像をきっかけに、薬物乱用防止に少しでもつながればいいなと思います。」

第20回 強歩大会

 11月22日(金)に強歩大会を開催しました。澄みきった青空の下、男女とも北本スポーツセンターから吉見総合運動公園までの往復19キロの道のりを競いました。折り返しポイントとなった吉見総合運動公園は、土手から富士山をはじめとして山々を遠望できる大変景色の綺麗な場所です。当日は風もおだやかで、絶好のスポーツ日和となりました。
 生徒たちは各自のペースに合わせ、完走を目指して一生懸命に走っていました。

 《上位者の記録》
◎男子 第1位  2-5  細田   陸君(川口市立鳩ヶ谷中) 1時間15分33秒
      第2位  2-5  原   優樹君(桶川中)        1時間16分31秒
      第3位  2-7  小竹 巧朗君(上尾市立南中)        1時間17分33秒
 
◎女子 第1位  2-4  松本 奈々さん(上尾市立東中)     1時間28分 9秒
      第2位  2-4  武田 千紘さん(鴻巣中)       1時間33分49秒  
      第3位  1-1  重廣 茉衣さん(桶川市立加納中)   1時間36分25秒

中丸小学校による音楽交流会

 本日は全校朝礼の前の時間を使い、「KISEPまなびあい事業」で交流のある中丸小学校の5年生となかよし学級の児童らによる音楽発表会が行われました。1曲目は『U&I』という、サッカーの日韓ワールドカップのときに両国の友好と世界の平和を願ってつくられた歌を合唱し、2曲目は太鼓やマラカスなどの楽器と手拍子による合奏を披露してくれました。全身を使って、リズムを一生懸命にとりながら歌う様子を見て、とても心が温まりました。
1曲目の合唱の様子ヴァイオリンは素敵な音色でした2曲目 合奏の様子

第3回 学校説明会

 本日は北本高校の第3回目となる学校説明会を開催し、寒空のなか大変多くの方々の参加がありました。今回は、生徒会による学校生活についての紹介と、「ミニ学習会」を新たに行いました。「ミニ学習会」では、数学と英語の高校入試問題を解説し、参加した中学生たちは熱心に聞いていました。次回は12月14日(土)に入試相談会がありますので、ぜひご参加ください。
生徒会による学校生活紹介ミニ学習会の様子熱心に聞く中学生たち個別相談の様子

中丸小 まなびあい

 11月15日(金)に、KISEP小・高連携事業の一環として、中丸小学校との”まなびあい”を行いました。北本高校からは、56名の生徒がボランティアとして中丸小学校の児童と一日を過ごし、勉強や遊びのお手伝いをしてきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(参加した生徒の感想)
「私が担当した小学1年生の学級は、最初に北本総合公園で”秋探し”をしてどんぐりやまつぼっくりを集めてきました。その後の算数の時間は丸つけをし、お昼の給食は班に混ぜてもらって一緒に食べました。午後からは絵本の読み聞かせをし、緊張したけれどみんなが反応してくれてうれしかったです。また来年も参加したいと思いました。」

北本市 市民文化祭 芸術展

 11月7日(木)~11月12日(火)の期間、北本市体育センターにて「芸術展」が開かれました。本校からは書道部、美術部、華道部が出品し、「北本高校」用に設けられた展示コーナーに作品が飾られました。どれも力作揃いで、生徒たちの日々の努力と集中力の跡が偲ばれる作品です。
 また、体育館の入り口には「芸術展」と大書された立て看板が立てられていましたが、これは本校書道部部長の2年生室田亜里沙さんの筆によるものです。力強い筆使いで、入り口からすでに作品の世界に誘われているようでした。


2学年 修学旅行 最終日

 とうとう修学旅行も最終日を迎えました。本日は早朝に、名残惜しくも各ご家庭に別れを告げ、クラス毎に佐賀県の「吉野ヶ里遺跡」、福岡県の「柳川川下り」と「大宰府天満宮」に分かれて研修をおこないました。それぞれが重要な文化財であり、見ごたえのあるものでした。その後、福岡県の中心街である「博多」を経由し、福岡空港から羽田空港へと戻ってきました。
 この4日間の貴重な体験を、これからの学校生活ひいては自身の進路へと活かしていってもらいたいです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(生徒の感想)
「僕のクラスは吉野ヶ里遺跡に行ってきました。この遺跡は、日本がまだ古墳を作っていた時代について詳しく知ることの出来る場所でした。歴史の授業で見たことのある高床式住居の実物大のレプリカがあり、まるでタイムスリップしたような感覚にとらわれました。歴史に触れることができ、いい思い出になりました。修学旅行を無事に終えることができたので、お世話になった全ての方々に感謝したいです。」
各民泊地区での離村式大島地区の方々が船をお見送りしてくれました吉野ヶ里遺跡にて柳川の川下り

2学年 修学旅行 第3日目

 3日目となる本日は、修学旅行のメインイベントの一つでもある「体験研修」を、午前と午後に分かれて実施しました。「シーカヤック体験」や「キリシタン史跡巡り」、「薩摩揚げ作り」など、埼玉県ではなかなか体験できないことも多くあり、生徒たちは学校で選ぶ段階からよく吟味して決めていました。
 最初はみな、どんなことをするのだろうと緊張していましたが、次第に慣れ、とても楽しそうに活動している様子を見て、今回の民泊体験とともに、生徒たちにとってとても貴重な経験になったと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(生徒の感想)
「体験研修では、僕は鯛茶漬けづくりと港釣りを行いました。鯛茶漬けづくりでは、生きてる鯛をさばくのに苦労し、完成するまで時間がかかったけどとてもおいしかったです。また、その日の夕飯は、午後にみんなで釣った魚をお寿司にして食べました。民泊での生活は、今日で終わりになると思うと悲しくなるほど満足感でいっぱいでした。」
シーカヤック体験長崎ちゃんぽん作り定置網漁体験よもぎ餅作り

2学年 修学旅行 第2日目

 本日は午前に長崎市内研修をし、午後は民泊をするため平戸市へと向かいました。長崎市内には、"グラバー園"や"出島"、日本最古のアーチ型石橋である"眼鏡橋"や"カトリック教会"など観光名所がたくさんあり、生徒たちは思い思いに巡っていました。
   民泊では8クラスが3地区に分かれ、それぞれ2日間お世話になるご家庭で、親睦を深めていました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(生徒の感想)
「市内見学では、出島で着物を着る体験をし、着物好きの私にとってはとても楽しく、みんなで写真をとったりして満足でした。民泊の方は優しく、夜ご飯は一緒に長崎チャンポンをつくって食べました。とても美味しくできました。」
長崎市内研修へ出発!グラバー園からの眺望長崎の街並みと路面電車民泊前の対面式

2学年 修学旅行 第1日目

 2年生は今日から3泊4日の修学旅行で、福岡空港を経由して長崎へ出発しました。
 初日は平和学習の日です。長崎市民会館で実際に被爆された方の講話を聴きました。 その後、長崎原爆資料館の見学、平和公園や爆心地公園を散策し、平和祈念像などを見、そこに込められた平和への思いを改めて確認しました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(生徒の感想)
「普段聞けない話を聞けて、原爆の恐ろしさを、すごく実感できた一日でした。」
 いざ、長崎県へ!!@ 羽田空港長崎平和祈念像長崎原爆資料館より、熱風で溶けた硬貨被爆体験講話をして頂きました